各営業所周辺の暮らし情報

路線バス会社に移住転職すると勤務先周辺の暮らしはどうなのかが気になりますよね。沖縄と言っても各地域によってかなり環境が異なりますので、北部・中風・南部のエリアに分けて暮らしのお役に立てる情報をお伝えします。

  • HOME
  • 沖縄のバス会社営業所周辺の暮らし情報

沖縄本島北部

手つかずの自然や美しい海が広がる北部地域

北部地域は地図上では最も本州に近い上の方を指し、恩納村、名護市、本部町、今帰仁村、金武町、宜野座村、東村、大宜味村、国頭村からなります。

北部地域は、古くから「山原(やんばる)」と呼ばれ、生活・習慣、文化等に共通性の多い地域です。亜熱帯の気候風土に育まれ、美しい海浜、亜熱帯の森林が広がり、ヤンバルクイナ、ノグチゲラなど世界的にも貴重で、かつ多様な生態系が育まれています。

本島北部西海岸では、1975年に開催された沖縄国際海洋博覧会を契機に観光地として注目を浴び、西海岸を中心にリゾート施設が立地しています。人気の観光地として、美ら海水族館やフクギ並木、カヌチャリゾートなどがあります。

沖縄本島中部

アメリカ文化とウチナー文化が残る中部地域

中部地域は地図でいうと真ん中。宜野湾市、沖縄市、うるま市、北谷町、嘉手納町、読谷村、中城村、北中城村、西原町からなります。

中部地域は、沖縄県内で最も米軍基地が配備されているということもあって、アメリカの文化と沖縄の文化がミックスされた街並みは日本とは思えない雰囲気です。

適度に都会的な雰囲気がありつつ、多くの自然が残っているのが中部地域の特徴です。買い物や娯楽に不便しない環境と日本では感じられない雰囲気も多いため、移住先としても人気の地域です。

沖縄本島南部

アジアの中心を目指す沖縄と歴史や伝統も感じられる南部地域

南部地域は地図でいうと下の方を指します。那覇市、豊見城市、南風原町、与那原町、八重瀬町南城市、糸満市からなります。

南部地域は政治・経済・文化の中心地でアジアでも注目される那覇市があり都市化が進んでいる地域です。そんな都会的な雰囲気もありながら、最南端の糸満市から東海岸沿いにかけては自然も多く、海もきれいです。

琉球王朝時代に中心だった首里の近隣には歴史的な文化も色濃く残っていてさまざまな文化財も多い地域です。那覇市の隣に位置する豊見城市は都市の成長力ランキングで全国1位、沖縄県内の住みよさランキングでも1位となっており、南部は移住者数がとても多い地域です。