Bus Driver Interview

沖縄に移住してバス運転手をしている方々に、現在の働き方や沖縄の暮らし振り、これから移住・転職を考えている方々への助言などについてインタビューしました。

  • HOME
  • レビュー
  • 泡盛、ひーじゃー大好き!子供も南国でのびのび! 海を眺めながら働けて家族とも幸せな日々。

東京都出身 Hさん(50代男性) 琉球バス交通

泡盛、ひーじゃー大好き!子供も南国でのびのび! 海を眺めながら働けて家族とも幸せな日々。

東京から沖縄移住して25年。いくつかの職を経て、琉球バス交通に入社しバス運転手として働くHさんにインタビューをしてきました。これから移住してバス運転手を目指す方の参考になればと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

-沖縄でバス運転手をして良かったこと・悪かったことを教えてください。

沖縄移住して現在のバス会社に就職するまでに4社を経験しましたが、これまでの会社には社会保険の完備がされていませんでした。職場の仲間たちもすごく良い人たちで辞めたくなかったので、当時の会社に社会保険の加入をお願いしましたが変わりませんでした。

このままでは将来が不安だなと強く感じていた時に、たまたま見た求人募集でバス会社が充実した社会保険が完備されていたのですぐに問い合わせました。

大型2種免許を持っていなかったのですが、その不安よりも福利厚生がしっかり整った会社で働きたいという気持ちの方が強かったです。

すべての会社ではないですが、社会保険に加入できない会社は多いのが実状の中、福利厚生が充実した沖縄のバス会社に転職したことは心のゆとりもできてとても良かったです。

さらに大型2種免許を持っていなくても「免許取得支援制度」があるのでスムーズに転職できたこともすごく助かりました。

-プライベートでは沖縄でどんな暮らしをして過ごしていますか?

泡盛と沖縄料理が大好きなんです。沖縄に移住する前は沖縄料理が大好きってほどでもなかったのですが、食べていくうちにどんどん病みつきになっていきました。特に「ひーじゃー料理」にハマりました。

※「ひーじゃー」とは沖縄の方言でヤギのことを言い、ひーじゃー料理とは「ヤギ料理」のことです。ヤギ料理の定番は「ひーじゃー汁(ヤギ汁)」「ひーじゃーの刺身(ヤギ刺)」があります。

沖縄の人でもひーじゃー料理が苦手な人が多いですが、私はどんどんハマっていきました(笑)。正直、最初は全然食べれなかったのですが、新築祝いや職場での仕事納めなど祝い事の際に振舞われることが多くて、食べていくうちにひーじゃー料理の美味しさにどっぷりハマっていきました。

今ではレトルトパックの「山羊汁(オキハム)」を買って食べるほど大好きです!

-県外とは違った沖縄ならではの職場の雰囲気などを教えてください。

東京でも沖縄でもありがたいことに職場のメンバーには恵まれていました。どちらも本当に最高のメンバーでしたよ。

とはいえ、雰囲気の違いというのはやっぱりありました。東京の場合は向上心の強い方も多かったので、バリバリ働くという刺激をもらえる職場だったのに対して、沖縄の場合は良い意味でのんびりしていてアットホームな雰囲気のなかでプライベートも充実させることができています。

会社への通勤は車なので、仕事が終わった帰り道でも沖縄の素晴らしい景色を見ながら一日を終える日常は安らぎを与えてくれます。旅行ではあまり話題にならないですが、沖縄の海に沈んでいく夕陽は最高の景色ですよ。東京では味わえない毎日ですね。

-沖縄のお客様との印象に残っている話はありますか?

やっぱり沖縄のおばぁやおじぃとのやりとりは印象に残っていることが多いです。

間違えて乗車したおばぁに「このバスは〇〇へは行きませんよ」と伝えると「じゃあ私はどうすればいいの?」と言われて笑ってしまうようなやりとりがあったり、毎回差し入れをしてくれる方がいたりとバス運転手ならではの体験をさせてもらってます。

-移住先はどのような基準で決めましたか?

移住先は妻が沖縄出身ということもあって沖縄へ移住しました。仕事もそれから決めていき職場や知人の紹介を経て今のバス会社で働いています。

もともと「子供を育てるなら田舎で育てたい」という想いがあり、その当時は沖縄以外でも自然豊かな場所であればいいとタイミングを考えていました。正直沖縄移住への不安はありましたが、息子が大きくなってきたタイミングで思い切って憧れの海の近くで暮らせる妻の生まれ育った沖縄への移住を決めました。

私たちの場合は、やはり田舎で子供を育てたことは正解でした。東京で暮らしていた時の息子と沖縄に来てからの息子は全然変わって、伸び伸びと成長してくれてので本当に良かったと思っています。

-これから沖縄へ移住転職を考えている方へのメッセージ

沖縄へ移住しても帰ってしまう人たちはいます。もちろんイメージとのギャップもあるでしょう。そんななか僕の場合は本当に沖縄の生活や働き方が合っていたので移住してきて本当に良かったです。

大好きな海が近くにある暮らしができて、職場では旅行に来ているかのように沖縄の絶景の中で働き、仕事終わりに夕陽を見ながら帰る。そしてお酒好きな人が多いので大好きなお酒はどこでも飲める(笑)。

僕にとって最高のスローライフ・スローキャリアです。

沖縄にも多くの仕事がありますが、僕たち世代に合ったスローライフ・スローキャリアの参考になれば嬉しいです。

Hさんが教えてくれた沖縄の絶景ポイント
  • ニライカナイ橋からの景色
  • 恩納村にあるルネサンスホテル手前の58号線から見える海
  • 宜野湾市伊佐から沖縄市向けに行った道から見える北谷付近の夜景